ガイアの夜明け

いまガイアの夜明けをみています。

『保育園落ちた...どうする日本?』

実は私も落ちたことがあります。

その時の苦しみといったら、たとえようがなかったです。

今日のテレビ、私が20年前にやりたかったことでした。

どこかの企業のオフィスで、子どもたちがそばで託児されている姿をみて取り入れられないか?

真剣に考えていました。

また、駅中保育室。

これは志木市でやろうかと、私は仲間と考えていました。

ところが、賃料が高すぎて当時は働くママの理解もまだあまり得られていないままの出発。

ビルの3階や4階というあきスペースしかみつかりませんでした。

今日みたテレビの内容が、坂戸市にあたるか?と、いうと非常に難しいと思います。

都心だからできる技。それを坂戸市にとりいれていき、待機児童をなくし、そして働くママたちが笑顔になれるよう、働きたいママたちが安心できるようそんな坂戸市になればいいな。と、思いながら坂戸市へとおきかえていました。

子どもが産まれ、育つたびに仕事を転職してきた私。

本当の声が聞ける。わかる。やっぱり同じ境遇をした人なんじゃないかな。と、あらためておもった1時間でした。