全国的にマスクが品薄となる中、福井県は安心してマスクを手に入れられるよう50枚入りを2箱まで買うことができる購入券を県内の全世帯に配布することにしました。

マスク不足が深刻化する中、福井県は1箱50枚入りのマスク30万箱、合わせて1500万枚を独自に確保しました。

今後、各世帯に配られる購入券を坂井市に本社があるドラッグストアチェーン「ゲンキー」の県内64の店舗に持参すれば、1箱50枚入り税込み2350円のマスクを2箱まで購入できます。 (NHK デジタルより)

杉本達治福井県知事、都道府県で全国初。

アベノマスクを待つ(?)人たちがいる一方、いち早く 県がマスク業者に約30万箱を確保を要請して実現した。購入できても、もちろん足りない世帯もあるだろう。しかしこのような中、福井県なら何かしてくれる。国をまたずしても、何かしてくれる。頭の中によぎった人も少なくないだろう。