高知・よさこい祭り、初の中止決定

1954年から、毎年夏に歴史を刻んできた高知の夏の風物詩『よさこい祭り』が第67回目にして初めて中止となった。新型コロナウイルス感染拡大を考慮してのことである。

2014年には台風で前夜祭の中止、第61回目の本祭(ほんさい)は予定通り開催。この頃から天候に左右され、花火大会なども中止となった年もあった。

しかし今回は4日間全てが中止となった。高知県のよさこいファンの私としては、数年間、この前夜祭から4日間踊るためにマイカーを860km徹夜で走らせ高知県入りしていた。中止の決定を知り、改めて今回の決定を判断した、よさこい祭振興会のみなさまの、勇気ある決断に寂しさを憶えるものの感謝したい。