Monthly Archives: 2月 2020

新型コロナウイルス感染症について

今回は、具体的に新型コロナウイルス感染症(コビットナインテーン)についてお話します。

今回の新型コロナウイルス感染症は医学的に分類する 不顕性感染(ふけんせいかんせん)にあたるそうです。これは、感染してもすぐに症状が出ない潜伏期間が長いものです。だから、ここまで感染が広がっています。

さて、わたしと一緒に活動している同志が現在の状況と対策を保健所まで問い合わせてくれました。

その内容は、2月28日時点ではPCR検査は各自治体の地方衛生研究所、並びに国立感染症研究所のみ行政検査によって行われるため、まずは懸念される症状が出た場合は保健所に連絡の上、病状を伝え保健所の支持をあおいでください。慌てて一般の病院に行っても、レントゲン検査及び血液検査程度で感染の可能性の割合程度の返答になります。とのこと。

では、どんな症状が出たら保健所に相談するか?

①風邪の症状や37.5ド以上の発熱が4日以上続く場合

②強いだるさや息苦しさがある場合

とのことです。

私が伝えたいのは、まずは国民1人1人がどれだけ感染予防対策を真剣に頑張っていくか。各自治体(もちろん坂戸市)が率先して 市民の予防対策を考えられるかにあると思います。

もちろんその他の病気の疑いもあります。インフルエンザだったらこちらも大変!相談し慎重に判断し行動しましょう!

東京ディズニーランド・東京ディズニーシー臨時休園

公式サイトから

『東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーは、「新型コロナウイルス感染症対策本部」からの「多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期又は規模縮小等の対応を要請する」という発表を受け、2020年2月29日(土)から3月15日(日)の間、臨時休園することを決定しましたのでお知らせいたします。
再開日につきましては、3月16日(月)を予定しておりますが、関係行政機関等と密に連絡をとり、あらためてお知らせする予定です。 』

尚、休園中のチケット払い戻しは、対象チケットを確認の上、差額と変更手数料なしで2021年3月31日までの期間入園できるチケットと交換をして貰えるとのこと。

さすがディズニー、小中学校が臨時休業となり早々の素晴らしい対応です。これくらいの思い切りができるディズニーリゾートは本当にすごい!

今学校で何が起きている?

政府が唐突に表明した臨時休校の要請を受け坂戸市でも慌ただしく休校への対応に追われています。要請通りに休校すれば、週明け3月2日から春休みまでが休みとなります。

そんな大混乱の教育現場に、いま何が一番大切なのでしょうか?評論家達は、休業時のプリントの用意、授業の抹消化でやり残したテストの事成績評価、通信表など大人目線での心配ごとばかりPICKUPしています。

ですが、私はまずは子どもたちへのケアが第一ではないかと考えます。まずは子供たちになぜ突然学校が休みにになったか?学校から貰ってきたお手紙だけではなく、親の口から「感染の封じ込め」「子供の健康」「安全の確保」、つまり命が大切だということを第一に伝えるべきだと考えます。

そして、我が家では、なぜ東京ディズニーランド・東京ディズニーシーが臨時休園になったか。命を守ることと私の親としての感想も交えながら話をしました。

積み残した授業への対応は、例えば学年は変わっても日本全体のことなので、時間割の工夫なども含め見直せば大丈夫だと考えます。ましてや2020年度からは夏休みが削られ、授業日数・授業時間の確保がおこなわれます。こちらは後回しで十分対応対応が可能だと私は考えます。

余談ですが、この3月で定年の先生方はどのようなお気持ちでいまをお過ごしなのか私は考えてしまいます。長い教師生活の中で初めてのご経験ではないでしょうか。

通常に戻るまで、予防を重ね、みんなでがんばりましょう!

目の付けどころがシャープ

1990年から20年間「目の付けどころがシャープでしょ。」 のキャッチコピーで有名なシャープが2020年3月半ばからマスクを生産すると今日の夕方発表。

『新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けた政府の緊急要請に応じ、3月半ばからマスクの生産を始めることを明らかにした。当面は1日あたり15万枚を生産し、同月中にも出荷を開始する。政府は新型コロナウイルス対策の予算で設備投資費などを補助する。

 シャープによると、液晶ディスプレーを生産する三重工場(三重県多気町)のクリーンルームを活用し、当面は3つの製造ラインでマスクを生産する。最終的には10ラインに増やし、生産能力を1日あたり50万枚まで上げるという。

 政府は感染拡大阻止に向けた取り組みを支援するため、令和元年度予算の予備費から103億円の支出を決定した。マスク生産設備の導入事業も対象で、シャープには3000万円程度を補助する見通しだ。(産経新聞)』

あと少しだけ我慢すると、手元にマスクが戻ってきそうです。

花粉症の私は花粉ガードスプレーと洗えるマスクなどを併用。今年の花粉の季節もしっかりと乗り切りたいと思います。

液晶ディスプレー工場でマスクの生産。やっぱり『目の付けどころがシャープでしょ。』

デマとトイレットペーパー

新型コロナウイルス感染症に関するデマの影響を受け坂戸市内でも、ドラッグストア、スーパーなどでトイレットペーパーが売り切れとなっている事態が広がっています。

これはSNSなどで広がる「マスクの材料優先だから不足する」「中国からの原材料を輸入できなくなる」といった噂からです。実際は調べたところ、業界団体は「全くのデマである」と強く否定した回答をしています。

フリマアプリ等を見ると高額でトイレットペーパーを販売する出品者が続々と出てきています。その反面、その中にはトイレットペーパーがなくなるのはデマです。と記載している方もいます。

こんな時こそ冷静に行動してください!

私が調べる限り、マスクは一般的に繊維を重ね合わせた「ふしょくふ」から製造。業界関係者に聞いたところ「トイレットペーパーは再生紙(パルプ)から作られていてマスクとは無関係であるという事です。またトイレットペーパーを製造する、ほとんどの企業は「マスクの生産はしていなません。トイレットペーパーほとんどが国内で生産しており、通常通り生産・出荷できるとの事です。

原材料、製造が中国であるとのうわさもあるが、日本家庭紙工業会東京事務局は「中国の影響で品薄というのは、まったくのデマであると断言しています。事務局曰く、国内で流通するトイレットペーパーの98%は国内で生産され、原材料も国産だそうです。

現在の品薄状況は急激なデマの拡散で配送が追い付かず一時的に棚から商品が消えているだけです。少し待てば、商品は必ず入荷するので落ち着いて対応して欲しいとの事。デマに踊らされないという気持ちの反面、本当になくなったら困る。

買い置きしたい気持ちとの間で揺れている私たちの気持ちもありますが、こんな時だから落ち着いて行動しましょう。

以上、かぶらぎ、急遽調べてみましたが、昨日は量販店に長蛇の列ができた反面、夕方にも普通に購入できた大型店舗もあったようです。

私は、こういった情報を、瞬時に取り込めるように「坂戸市民情報アプリ」の開発を考えていきたいと思っています。できることから始めたい。

トイレットペーパー買い占めないで!官房副長官からの呼びかけ

2月28日の朝、テレビで「SNSでトイレットペーパーがマスクと同じ材料を使っているから手に入らなくなる!とデマ情報が流れています。」と、情報番組で言っていました。子どもを学校に出し、用事があるのでコンビニへ。

トイレットペーパーもティッシュペーパーもたくさん棚にあり一安心。良かった~!みんなちゃんとデマなのはわかるんだ。ひと安心。

ところが世の中が騒がしい様子。どうやらトイレットペーパーがないと話しているよう。おかしい???朝はあんなにあったのに???

仕事に切りをつけ、学校の用事にでかける前に花粉症の目薬を買いに薬局へ。入口に完売のお知らせ。えっ?買い物に行った先やコンビニも完売。 でも、エリエール、ネピア、クリネックスをつくる大手3社は、「マスク増産の影響はない」と回答しているようです。

色々なデマや噂が流れ、マスクもティッシュもトイレットペーパーも、そしてなぜか衛生用品までもが棚から消え初めてしまう。

災害時には正しい情報を取得し判断。行き過ぎたことをしてしまうと更なる悲劇が。このことを今後も忘れないように、しっかりと考え行動したい。

とは言うものの、日用品がなくなってしまうと特に子どもを持つ主婦はパニックになるのは当然のこと。今回は子どもが学校休業で毎日を考えなくてはならなくなり更なるパニック。学童クラブはお弁当持ちになりそうです。こちらも普段は給食があるので、春休みを含め学校が始まるまでプチパニック。

働く自分自身、しっかりと体力が落ちないように気をつけ乗り切らなくては。あらためて考えさせられました。週明けにはトイレットペーパーも棚に戻ると思います。買い占めしなければなくらないはず。自分の目でしっかりと見極めたいと思います。

2020年2月28日最後の下校

本日、学校に用事があり下校時間に足を運びました。

体育館からぞろぞろ出てくる六年生。

手にはいっぱいの荷物。

すべての学校用品を突然持ち帰る。

その眼には涙。大声で泣く生徒。学校からでたがらない生徒。門を出たり入ったり。びっくりしたのは、道路で寝転がる男の子。みんな、みんな、学校に後ろ髪ひかれています。

「帰りたくない!」と口々につぶやく。 あまりにも突然の学校休業。坂戸市が方針を本日の午後発表しました。子どもたちは県からのお手紙や休み中の過ごし方、大量のプリントを持って帰宅。1年生から5年生までの子どもたちは、荷物は学校に少し残し帰宅となりました。

もしかしたら卒業式もない学校。六年生の子どもたちの泣き声。学校、先生や友達との別れ。あまりにも突然のできごとでした。もちろん、突然のことはたくさんあります。でも、その光景に遭遇した私は、 知っている子に声をかけ 思わず一緒に泣いてしまいました。

坂戸市の小中学校休業の一報は学校からでもなく市役所の災害メールからでもなく、ヤフーの災害メールからでした。たまたま登録してあるから受け取れるメール。内容。災害時、様々な機関にメールを登録していないと情報がとれないのだろうか?少し考えさせられる一日でした。

坂戸市、学童保育は開所となり詳細は追って連絡とのこと。働く親にはありがたいお知らせでした。

【新型コロナウイルス関連】坂戸市立小・中学校の臨時休業について

政府・県からの要請を受け、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、下記のとおり臨時休業いたします。
保護者をはじめ関係者や地域の皆様には、ご理解とご協力をお願いいたします。

1 対象校 坂戸市立小・中学校

2 期  間 令和2年3月2日(月)から令和2年3月26日(木)まで

※令和2年3月27日(金)から学年末休業日となります。

※期間につきましては、変更となる場合があります。

  • 2020年2月28日 14時29分 配信
  • 情報提供:坂戸市

以上のような配信がありました。

坂戸市は以上のように判断しました。

学童クラブの動向が待たれます。

政府の要請における坂戸市

坂戸市でも学校を通して、保護者の皆様へ坂戸市教育委員会から周知依頼がありました。

内容は以下の通りです。「坂戸市では、現時点において、政府の要請に従い、令和2年3月2日(月)から、市内全小中学校を臨時休業にする方向で検討しています。詳細については、追って連絡します。なお、学校への個々の問い合わせについては、控えてくださいますようお願いします。」

さて、たくさんの持ち物。次年度への対応など学校では今も大変な時間になっていることと思います。こんな時は本当に心配だと思いますが、問合せはできるだけ控え発表を待ちたいと思います。

もちろん私も子を持つ親として不安で仕方がありません。

全国すべての公立小中高休校へ

昨日、坂戸市の『げんき教室』は今年度開催しないという連絡がきました。

さて、本日のニュース。

安倍晋三首相は27日の新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、3月2日から春休みが明けるまで、全国の小中高校や徳悦支援学級を臨時休校にするよう要請すると表明した。

首相は「感染拡大を抑制し、国民生活や経済に及ぼす影響を最小とするため必要な法案を準備してもらいたい」と指示。入試や卒業式を実施する場合、感染防止の措置を講じ、必要最小限の人数に絞って開くなど万全の対応をするよう求めた。

(YAHOOニュース産経新聞より)

『保育所は一斉休園要請の対象外』と、言うことは学童クラブなどは開所?の方向になるのでしょうか。坂戸市では調整中。明日には結果がでると思います。

未就学児を持つ働く親にとっては保育所が休園になってしまってはとんでもない話。しかし日本はすっかり汚染国。いまをどうやって乗り切るか。

ひとりひとりが、感染拡大させないように注意するしか、いまはないということなのでしょうか。